オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

こんなにもメリットがある

石タイルでフロアコーティングされた床

床のフロアコーティングリフォームなど、床を工夫することで得られるメリットは次のようなものがあります。
一つは床のフロアコーティングリフォームによって、見た目を改善することができると言うことです。
綺麗な床はやはりフロアコーティングが簡単で効果があります。
二つ目は床のフロアコーティングリフォームをすると、長持ちさせることができます。
こういったサービスを工夫して利用すると、フローリングといった床の寿命を長くすることが可能です。
三つ目は、床のフロアコーティングリフォームで掃除が楽になるということです。
通常の掃除よりも、このフロアコーティングを利用すれば、汚れがつかないので、その時間を短縮できます。
このようにちょっと業者を利用して工夫するだけで、沢山のメリットが生まれてきますので、そのメリットを生かしたいのであればフロアコーティングリフォームを使うのが得策です。
ちょっとの工夫が大きな効果を生み出します。

コーティングの種類について

フロアコーティング前の車の床

小さなお子様やペットなどと一緒に生活されているご家庭では、安全性の高いものが選ばれています。
シックハウス症候群などの原因とされているものにVOC13物質がありますが、これらが含まれていないフロアコーティング材は赤ちゃんがいる家庭でも安心して使用することができます。
コーティング材の中には滑り止め効果が高いものがあります。
液体ガラスを原料としたコーティング材は、ウレタン系のコーティング材よりも硬いためキズが付きにくいようです。
滑り止め効果があるタイプであればお年寄りや足腰の悪い方やペットなどの負担を軽減することができると人気があるようです。
UVカット効果のあるコーティング材は、紫外線によるフローリングのひび割れや変色などのような劣化を防いでくれるため長い間気持ちよく使用していくために効果的です。
無機質のガラスが原料となっているものは持続性に優れていますし、耐水性や耐薬品性、防汚性に優れていると言われています。

フローリングのダメージについて

光るフロアコーティングされた床

住宅で使用されているフローリングは、テーブルや椅子などを引きずって動かすことでキズなどが付きやすいと言われています。
最近ではペットと一緒に生活されていらっしゃる家庭も多いです。
ペットの爪や引っ?き傷などでついてしまうキズを、フロアコーティングなど床のリフォームをすることで防止できます。
その他にもフローリングにかかってくる負荷として紫外線が挙げられます。
窓などから入ってくる紫外線を毎日浴びることによって、床が色あせたり劣化しやすいようです。
特に夏の暑いシーズンは日差しが強く紫外線も強いため、フロアコーティングを施して予防することが効果的だと言われています。
塗膜をつくることによってフローリングの表面を覆い、日常生活でのキズや劣化を軽減することができるのです。
耐傷性や安全性、コーティング材の費用なども種類によって違ってきますので、ご自宅にぴったりな方法を用いてリフォームされる方が多いと言われています。

価格傾向

フロアコーティングされたモデルルーム

新規でリフォームをし直す場合にくらべて、人工代がかからないことでフロアコーティングもワックスかけもお安くなります。
特に安く行えるのはワックスかけです。
しかし、ワックスは短いサイクルでかけ直しする必要性があるので、コストパフォーマンス的には、フロアコーティング代と遜色ない金額となります。
おおよそ、現在の単価で、コーティングには平米3000円から10000円、ワックスは一括で10万円と考えておけば問題ありません。
どちらも、お願いする面積を広くすればするほど、単価自体は下がります。
ワックスかけは、顕著に下がります。
理由としては、価格のほとんどが手間代であるからです。
価格の面からも、広い面積を一度に施工する計画がお得です。